サイト内検索 Powered by Google

『債務整理』 を知らなかったために、規定通りの高い利息を支払ってしまい損をするケースもよくある話。でも、払いすぎた利息を現金で払い戻してもらったりして債務を整理することだってまだまだ可能! このサイト 『トコトン債務整理セイトン』 では、債務整理についてトコトン整理していくので、ぜひみんなも 『債務整理』 を学んでいってね!

富士山

多重にできた債務を整理するためには、前もって考えておかなければならないことがいくつかあって、ここではその 『しなければいけないリスト』 を紹介・説明していくよ。

 

親、または兄弟、そして配偶者や親戚など、他の人の援助で借金の全部または一部を支払ってもらうっていうことについて、それぞれの事情によって意見も異なるかもしれないな。親や兄弟、そして配偶者や親戚などに金銭的に余裕があって、進んで借金の返済を引き受けてくれるようなら、これらの人に頼むのも一つの方法かもしれないけどね。 でも、自分の多重債務の整理は債務者自身でするのが原則で、やっぱり早めに司法書士などに相談したり、自分で責任を持って解決することをおススメするよ。

ホーム >>> 多重債務整理の注意点 >>>

多重債務整理の注意点

 

多重にできた債務を整理するためには、前もって考えておかなければならないことがいくつかあって、ここではその 『しなければいけないリスト』 を紹介・説明していくよ。

 

多重債務整理をする際にしなければならないこと!

 

1、毎月いくらづつなら返済可能なのか、または毎月の返済額がいくらくらいになるのかということを知っておくこと。
2、もし、自分の給料だけでは、借金返済が無理だという時は、早めのうちに弁護士などに債務整理の方法を相談しよう。

 

多重の債務整理でしてはいけないこと

 

1、親や、兄弟、親戚、友人、または知人に自分の借金の保証人になってもらう事は絶対にしてはいけないこと。
2、借金を返すことができないからといって、また借金をすることは多重債務のはじまり。
3、債務の一本化のためにする 『お纏めローン』 はしちゃいけない。
4、ヤミ金などと言われるような、特に高利の業者からは絶対にお金を借りちゃいけない。

 

 

TOPへ

 

 

親や兄弟からの援助

 

親、または兄弟、そして配偶者や親戚など、他の人の援助で借金の全部または一部を支払ってもらうっていうことについて、それぞれの事情によって意見も異なるかもしれないな。親や兄弟、そして配偶者や親戚などに金銭的に余裕があって、進んで借金の返済を引き受けてくれるようなら、これらの人に頼むのも一つの方法かもしれないけどね。


でも、自分の多重債務の整理は債務者自身でするのが原則で、やっぱり早めに司法書士などに相談し、自分の責任で解決することをおススメするよ。

 

Last update:2017/9/15

TOPへ