サイト内検索 Powered by Google  

『債務整理』 を知らなかったために、規定通りの高い利息を支払ってしまい損をするケースもよくある話。でも、払いすぎた利息を現金で払い戻してもらったりして債務を整理することだってまだまだ可能! このサイト 『トコトン債務整理セイトン』 では、債務整理についてトコトン整理していくので、ぜひみんなも 『債務整理』 を学んでいってね!

富士山
キャッシング会社でもクレジット会社でも、法律のぎりぎりの範囲まで利率を上げて営業しているんだ。でも、利息制限法っていう基本的な法律に基づいて計算し直して、払いすぎてしまった利息をもともと借りたお金の返済にしたり、払い過ぎた利息を現金で払い戻してもらったりできるんだよ。 自己破産するくらいなんだから、きっとクレジット会社や消費者金融の数も多いってことだよね。どこの債権者にいつ、いくら借りたという風に、詳しい内容の一覧表が必要となってくるんだけど、保証人がいる時なんかは、保証人の名前と住所も書き添えること。 弁護士も、この債権者の一覧表を元にして行動するから、とっても大事な資料となるんだ。もしも、取引を始めた日にちなどがハッキリとしないという場合には、何年の何月頃だけでも可能。でも、できるだけ細かい詳細まで思い出して、詳しく記入することが重要なポイント。
ホーム >>> 裁判に必要な書類 >>>

裁判に必要な書類

 

裁判所に提出する必要な書類について

 

裁判所に提出する必要書類で、自己破産を裁判所に申し立てるのに必要な提出書類を紹介。

 

裁判所に自己破産を申し立てる時に必要な提出書類

 

・破産手続き開始や、または免責許可申立書の提出
・陳述書の提出
・債権者一覧表の提出
・資産目録の提出
・家計全体の状況の提出

 

これらの5つの書類が絶対に必要となってくるので、前もって準備しておくこと!

 

この全て書類を揃えてから、初めて裁判所に提出できるんだ。司法書士や弁護士なんかの専門家に依頼すれば、簡単にこれらの書類を作成してくれるんだけど、自分で自己破産の申立をやるのならば、記入漏れがないように十分に注意してね!自分で書類を作成する場合なんかはもちろんなんだけど、弁護士などに依頼する場合も、債権者一覧表は責任を持って必ず自分で作成しようね。

 

自己破産するくらいなんだから、きっとクレジット会社や消費者金融の数も多いってことだよね。どこの債権者にいつ、いくら借りたという風に、詳しい内容の一覧表が必要となってくるんだけど、保証人がいる時なんかは、保証人の名前と住所も書き添えること。

 

弁護士も、この債権者の一覧表を元にして行動するから、とっても大事な資料となるんだ。もしも、取引を始めた日にちなどがハッキリとしないという場合には、何年の何月頃だけでも可能。でも、できるだけ細かい詳細まで思い出して、詳しく記入することが重要なポイント。もし、クレジット会社や消費者金融との契約書や領収書等が揃っているならば、それは参考のために弁護士に渡しておくと良いかもしれないね!

check

手芸用品の販売サイト
http://www.syugeiyasan.co.jp/

最終更新日:2014/10/2

TOPへ