サイト内検索 Powered by Google  

『債務整理』 を知らなかったために、規定通りの高い利息を支払ってしまい損をするケースもよくある話。でも、払いすぎた利息を現金で払い戻してもらったりして債務を整理することだってまだまだ可能! このサイト 『トコトン債務整理セイトン』 では、債務整理についてトコトン整理していくので、ぜひみんなも 『債務整理』 を学んでいってね!

富士山
自己破産や個人版民事再生、任意整理、その債務整理にしてもそれぞれのメリットとデメリットがある。ここでは、その各債務整理の方法にあるメリットとデメリットをしょうかいしていくよ!

 

例えば、任意整理だと個人再生や自己破産のように官報が掲載されることがない。だから第三者には知られることなく解決できる。とか、個人再生や自己破産では、全ての全債権者を漏れることなく対象に入れて手続きをしなきゃいけないのだけど、任意整理なら特定の債権者のみを対象にすることが可能だったりする。そして、特定調停ならさほど手続きは難しいものではないので、専門家に依頼する費用がなかったとしても利用ができたり、任意整理と同じく、一部の債権者を除外することができるんだ。でも、官報に掲載されたり、5~7年程度ではブラックリストに載ってしまったりするので注意しなくちゃいけないこともある。
ホーム >>> 債務整理のメリットデメリット >>>

債務整理のメリットデメリット

 

それぞれのメリット/デメリット

債務整理にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
このページでは、それぞれのメリットについて紹介してみたいと思います。

まずは、メリットについて書いてみましょう。

 

 

■任意整理

 

  • 裁判所を通さずに、司法書士や弁護士などが債権者と和解をするので、債務者の負担が一番軽いと思う。
  • 司法書士や弁護士などに任意の整理の依頼をすることで、その時から即時に請求が止まってくれる。
  • 将来の利息がカットされる。
  • 個人再生や自己破産のように官報が掲載されることがない。だから第三者には知られることなく解決できる。
  • 自己破産のような資格制限がない
  • 個人再生や自己破産では、全ての全債権者を漏れることなく対象に入れて手続きをしなきゃいけないのだけど、任意整理なら特定の債権者のみを対象にすることが可能。
  • 過払い金が発生していた場合は回収してもらえる

 

 

TOPへ

■個人再生

 

  • もし住宅ローンがあったとしても、自宅を手放さなくても大丈夫。
  • 原則の5分の1に負債がカットされるが、最低返済額は100万円である。
  • 自己破産の時にあるような資格の制限はない。
  • ただの浪費やギャンブルが原因だったとしても利用ができる。
  • 自動車や保険なども処分せずに手元にあける。
  • 申立てたあとは債権者の請求を止めることができる。(専門家に依頼すればその時点で請求は止められるので)

 

 

TOPへ

 

■自己破産

 

  • 借金を支払う義務が一切なくなる。
  • 客観的には、支払不能な人であれば誰でも利用ができる。
  • 申立てたあとは、債権者の請求が止まる。(専門家に依頼すればその時点で請求は止められるので)

 

 

 

 

TOPへ

 

■特定調停

 

  • 任意の整理と同じく、一部の債権者を除外することができる。
  • さほど手続きは難しいものではないので、専門家に依頼する費用がなかったとしても利用ができる。
  • ただの浪費やギャンブルが原因だったとしても利用ができる。
  • 将来の利息がカットされる。
  • 債務者本人が債権者との間に裁判所が入るので、債務者本人が債権者に交渉をする必要がなくなる。
  • 個人再生や自己破産のように官報に掲載されることがなく、第三者に知られることなく解決できる。
  • 自己破産のような資格の制限がない。
  • 申立てたあとは、債権者の請求が止まる。



TOPへ

 

代わって、それぞれのデメリットです。

 

 

■任意整理

 

  • 5年間くらいはブラックリストに載ってしまう可能性がある。
  • 強硬な債権者だと、なかなか和解が成立しない可能性がある。

 

 

 

■特定調停

 

  • 調停が成立すると、判決と同じ効力があったりして、調停で成立後に支払いが遅れてしまった場合に差し押さえを受ける可能性がでてくる。
  • 例え、過払い金が発生したとしても裁判所は過払い金の回収まではしてくれない可能性がある。
  • 5年から7年くらいはブラックリストに載ってしまう可能性がある。

■自己破産

 

  • 5年から7年くらいはブラックリストに載ってしまう載ってしまう可能性がある。
  • 原則では20万円以上の財産、マイホームなどの価値のある財産などは処分されてしまう可能性がある。
  • 一定の資格の制限が出てくる。
  • ただの浪費やギャンブルが原因だったとすると免責されないことがある。
  • 破産者名簿や官報などに掲載されてしまう。

 

 

■個人再生

 

  • 5年から7年くらいはブラックリストに載ってしまう載ってしまう可能性がある。
  • 官報などに掲載されてしまう可能性がある。
  • 債務整理の中でも、もっとも手続きが複雑なので、時間も手間もかかってしまう。
  • 任意整理のように、一部の債権者を除外することが不可能。

 

 

pickup

キャノン
http://canon.jp/

Last update:2014/10/2

TOPへ